妊娠中に効果的なスキンケア

肌が荒れやすい妊娠期。しっかり肌をケアしよう。

できてしまった妊娠線は消える?消えない?

妊娠すると、急激な体重増加やお腹の中の赤ちゃんの成長に伴い皮膚が伸びてきます。その伸びに耐えきれなくなったとき、皮下組織のコラーゲンが断裂し、妊娠線ができてしまいます。この妊娠線は一度できると元には戻らないと言われていますが、全く元に戻るくことはないのでしょうか?できてしまった妊娠線のケア方法をご紹介します。

できてしまった妊娠線が消えない理由

妊娠線は一度できると消えないと言われています。それは皮下組織のコラーゲンが一度断裂してしまうと元のようにつながることがないからです。

ゴムが切れてしまったように、元に戻ることはありません。

一度できた妊娠線は、赤紫色になりその後だんだんと白銀色になり色は薄くなっていきますが、でこぼこした感じやざらざらした感じは残ってしまいます。

赤ちゃんがお腹の中にいた証とは言え、やはり妊娠線は出切れば作りたくないものです。

できる前にしっかりと予防することがとても大切。

もし妊娠線ができてしまった場合、その後全く元に戻らないのでしょうか?

最近は妊娠線ができてしまった後にケアする専用のクリームも販売されています。

妊娠線ができていなかった頃とまったく同じようするのは難しいとしても、努力次第では妊娠線は薄くすることができるのです。

できてしまった妊娠線の効果的なケア方法

妊娠線ができてしまっても、気を落さずに引き続き保湿ケアを続けるようにしましょう。

妊娠中、これからまだお腹は大きくなります。

これ以上妊娠線を増やさないためにも、今までと同じようにしっかりと専用クリームで保湿を行っていきましょう。

そして産後。できてしまった妊娠線にがっかりし、育児でも時間が取れないことも多いかもしれませんが、引き続き保湿ケアをすることで肌のターンオーバーが促されて新しい肌が生まれてきます。

コラーゲンは以前と同じように結びつきませんが、コラーゲンの修復を助ける成分が入ったできてしまった妊娠線専用のクリームを使ってケアをすることで妊娠線は薄くすることができます。

一度できてしまうと元には戻らないと言われている妊娠線、ケア次第ではどんどん薄くすることができるのです。

実際に専用のクリームを使って妊娠線が薄くなったという方は多くいます。

できてしまったからと言って諦めず、マッサージや保湿、適度な運動などを続けて肌のターンオーバーを促していきましょう。

 - 妊娠中の肌トラブル