妊娠中に効果的なスキンケア

肌が荒れやすい妊娠期。しっかり肌をケアしよう。

妊娠中にニキビができやすくなる理由

妊娠中の肌トラブルとして、起こりやすいのがニキビです。特に妊娠初期から中期にかけては肌トラブルが多くなり、人によっては胸や背中など体にまでニキビができてしまうこともあります。妊娠中はホルモンバランスが乱れるため、肌も荒れがちになってしまいますが、産後体が元に戻っていくにつれて肌の荒れやニキビもだんだんと落ち着いてきます。強い薬を使ってケアするよりも、跡を残さないようにするのが大切です。

妊娠中にニキビができやすくなる理由

妊娠中にニキビができる原因を4つ挙げていきましょう。

妊娠中にニキビができやすくなる理由

妊娠中にニキビができやすくなる理由

ホルモンバランスの変化によるもの

妊娠すると、ホルモンバランスが通常の状態から変化し、ホルモンの分泌量が増えます。

この時、黄体ホルモンの分泌量も増えるのですが、黄体ホルモンには皮脂の分泌を活発にする働きがあるのです。

そのため、通常よりも肌が脂っぽくなりやすく、毛穴もつまりやすいため、ニキビになってしまう場合があります。

つわりによる食生活の乱れ

つわりがひどい場合、ご飯をあまり食べられなかったり、決まったものしか食べられず、偏食になってしまうことがあります。

そうなると、栄養が偏ったり不足してしまい、ニキビの原因となってしまうのです。

便秘

妊娠中に分泌量が増える黄体ホルモンは、腸の働きにも影響を与えます。

妊娠中は便秘になりやすいと言われていますが、それは黄体ホルモンの影響によるもの。
便秘になると、腸内に老廃物が溜まり、腸内環境が悪化してしまいます。

環境の変化による睡眠不足やストレスなど

妊娠中は体調や環境の変化によって、知らず知らずのうちにストレスが溜まってしまうもの。
あまり眠れなくなる妊婦さんも多いようです。

妊娠中のニキビの対処方法

妊娠中は強い薬を飲んだり塗ったりするのはあまりおすすめできません。
肌が敏感になっているため、ニキビ対策用の化粧品の中でも敏感肌用を選びましょう。

食生活に関しては、つわりがひどい時には、ある程度バランスが悪くなってしまうことは仕方がありません。
つわりが落ち着いてきたら、バランスのよい食事を心がけましょう。

また、繊維質のものも積極的に取り入れるようにすると、便秘解消の手助けになります。

妊娠が原因で起こる肌荒れやニキビは、出産が終わると何事もなかったかのようにおさまります。

そのため、ニキビ跡が残らないように最低限のケアを行ったら、後はあまり気にしないようにするというのも、対処法の一つと言えるかもしれません。

 - 妊娠中の肌トラブル ,