妊娠中に効果的なスキンケア

肌が荒れやすい妊娠期。しっかり肌をケアしよう。

妊娠中に車に乗ったり運転しても大丈夫?何ヶ月頃までならOK?

日常生活に車の運転が欠かせない人の場合、妊娠してからの運転のことは気がかりですよね。車に乗ることで何か妊娠に影響がないのかなど、不安に思う人もいるでしょう。妊娠中に車を運転したり乗ることについては、直接妊娠に影響を与えることはありません。しかし、妊娠中の体調は通常とは違うもの。そのため、車を運転する際には注意しなければならない点があるのです。

妊娠中に車を運転する際の注意点

妊娠をすると、異常な眠気を感じる、という人も多いでしょう。

これはホルモンの関係により、妊娠初期から中期まで出やすい妊娠中の症状の一つ。

眠気の他にもぼーっとしやすくなったり、注意力が散漫になるなど、車の運転をする際には気を付けたい症状が多くあります。

もし、眠気などを感じたら、必ず少し休んでから運転をするようにしましょう。

また、長時間の運転は妊娠中にはあまりよくありません。

ずっと同じ体勢でいることから血流が悪くなったり、お腹に張りを感じることなどもあります。

車の運転は通勤など必要最低限に抑え、長距離の運転は行わないようにしましょう。

なお、妊娠後期のシートベルト着用は推奨であり義務ではありません。

しかし、なるべくシートベルトは着用しておいた方が良いため、お腹を締め付けないマタニティ用補助具などを使用するとよいでしょう。

何ヶ月頃までなら運転してもよい?

妊娠中に車に乗ったり運転しても大丈夫?何ヶ月頃までならOK?

妊娠中に車に乗ったり運転しても大丈夫?何ヶ月頃までならOK?

妊娠が直接影響を与えることがないため、基本的にいつまでならOKという目安もありません。

しかし、臨月などの場合、運転している最中に破水したり陣痛が来るなどの状況にならないとも限りません。

その状態で運転を継続するのは危険なため、お産が近くなったら運転を控えた方がよいでしょう。

また、もう一つの目安はお腹がハンドルにつかえてしまうこと。

後期に入りお腹が大きくなると、座席の調節では難しいほどの状態になることもあります。

そうなった場合にはスムーズに運転することが難しくなるため、運転は控えましょう。

 - 妊娠中の肌トラブル