妊娠中に効果的なスキンケア

肌が荒れやすい妊娠期。しっかり肌をケアしよう。

妊娠線ができる場所はお腹だけでじゃない

妊娠中期に入り、おなかがだんだん大きくなってくると気になってくるのが妊娠線です。妊娠線は急激な体重増加や急激な皮膚の収縮に皮膚の皮下組織である真皮がついていけずに避けてしまうというもの。肉割れとも呼ばれています。一度できてしまうと元に戻ることがないと言われているこの妊娠線、妊娠中はできるのはお腹だけだと思っていませんか?実はお腹だけではなく、体のいろいろな部分にできてしまうので注意が必要です。

見えない場所にも妊娠線はできる

妊娠線はお腹が急激に大きくなることでできるもの、というのが一般的に知られていることですが、この妊娠線、肉割れはお腹ではなくても皮膚が急激に伸びればできてしまうのです。

例えば、背中や二の腕、太ももやお尻、胸などにもできます。

妊娠するとだんだん胸も張ってきて大きくなりますね。このときに肉割れが起きてしまうのです。お腹以外の場所はケアをせずにいて、妊娠線ができてしまってから気が付いてとてもショック…というママも多いですから、お風呂上がりの保湿は全身に行いましょう。

妊娠線ができる場所はお腹だけでじゃない

妊娠線ができる場所はお腹だけでじゃない

背中や二の腕もなかなか見えにくい場所ですが妊娠線ができやすい場所です。背中はなかなか自分でチェックすることができない場所ですので、旦那様にも見てもらいましょう。お風呂上がりに鏡を使ってご自身でチェックしてみてもいいですね。

妊娠後期には手の届かない場所も

妊娠後期になるとお腹が大きくなってきて、妊娠線予防クリームが自分で塗れない場所が出てきてしまいます。妊娠後期は急激におなかが大きくなるため、一番妊娠線ができてしまいやすい時期ですから、今まできちんとケアをしていてもこの時期にケアができなくなってしまうのはもったいないことです。

旦那様にも手伝ってもらって、しっかりと保湿ケアをしましょう。

背中やお尻、太ももなどは妊娠後期になると塗りにくくなります。その時は座って塗るようにしたりしてみてもいいですね。クリームを塗る時も上にクルクルと回すようにマッサージするのも忘れないようにしましょう。

産後も1ヶ月程は肌が伸びている状態です。赤ちゃんのお世話で忙しい時ではありますが、お風呂上がりなどは保湿ケアをしてご自分の体も大切にしてあげてくださいね。

 - 妊娠中のスキンケア