妊娠中に効果的なスキンケア

肌が荒れやすい妊娠期。しっかり肌をケアしよう。

乾燥を防ぐためには毎日の保湿が大切

冬と言えば乾燥です。乾燥のせいで肌がカサカサする乾燥肌に悩まされる人は多いと思います。妊娠線も肌の乾燥は大敵です。そこで、乾燥肌対策をご紹介します。

乾燥対策を始める時期が大切

まず最初に気を付けるべきことは、対策を始める時期です。

「カサカサしてきたな~。」と思ってから対策をしたのでは、遅いのです。

もちろん、そう感じてから何もしないよりはした方が良いのは当たり前ですが、できれば、そう感じる前に対策を始めるべきです。

夏が終わったと感じた頃から乾燥肌対策を行いましょう。

その方法は、いつものスキンケアにプラスして保湿力の高めのクリームをぬるということだけです。

夏に使用していたスキンケアアイテムも、冬用に少し変えていてはいかがでしょうか。

例えば、一日最低三度の洗顔をしている方の場合、洗顔後には化粧水と乳液をつけるというのが普段のパターンです。

そこにプラスして保湿力の高いクリームをぬるというだけで、乾燥肌をだいぶ防ぐことができます。

しかしここで一番大切なことは、その簡単な対策を、毎回欠かさずに行うということです。

一度でも欠かしてしまうと、その後しっかり続けても、しばらくはカサカサ肌が続いてしまいます。

冬以外の季節はしないことだからこそ忘れがちですし、化粧水と乳液をしているから大丈夫…と思いがちですが、それだけでは不十分なので、しっかり忘れずにクリームをぬるようにしましょう。

また、普段からクリームを持ち歩くようにし、外出先でも気になった時には、洗顔後でなくてもぬるようにすることをおすすめします。

乾燥肌対策はとにかくその回数と継続にあるのです。

毎日コツコツと頑張ってみてください。

 - 妊娠中のスキンケア ,