妊娠中に効果的なスキンケア

肌が荒れやすい妊娠期。しっかり肌をケアしよう。

乾燥肌対策には乾燥の原因を知ることが大事

顔の乾燥は冬など空気が乾燥する時だけに発祥してしまう季節的な乾燥と生活習慣の乱れやスキンケアで肌に合わなくて発祥してしまう慢性的な乾燥の2種類に大きく分けられます。乾燥の対策も大きく異なってくるので、乾燥の原因をしっかり把握する事が大切です。

季節的な乾燥が原因の場合

季節的な乾燥の原因は肌の水分が逃げてしまうのが最大の原因です。

特に冬になると気温が下がります。そのため空気中の水分も減少してしまいます。

肌の水分も乾燥している所に行きやすいので水分不足になってしまいます。

冬の時だけ顔がカサついたりする人は季節的な乾燥と言っていいでしょう。

対策としては自宅の部屋を乾燥させない事です。常に部屋の湿度は40~60%を保つようにします。

部屋の保湿がお肌の保湿に繋がり顔の乾燥を防ぐ事が出来ます。

慢性的な肌の乾燥が原因の場合

慢性的な乾燥の原因は主に生活習慣の乱れと肌に合わないスキンケアと加齢による老化です。

睡眠不足やファーストフード中心の片寄った食生活すぐ改善するべきです。

栄養が偏ってしまうと肌も老化してしまい潤いが無くなってしまいます。

睡眠は確実に7時間以上取り、食事も野菜などを多く取り入れてバランス良く食べる事が大切です。

また肌に合わないスキンケアを続けてしまうと肌の乾燥の他にかゆみが出てしまったり、発疹などが出来てしまい肌トラブルが起こってしまう可能性があるのですぐ辞めるべきです。

肌の体質は人それぞれ違うので自分の肌に合った方法を見つけてスキンケアしていく事が大切です。

 - 妊娠中のスキンケア ,